1. ホーム>
  2. 業種別ソリューション>
  3. 医療

医療

ソニーの先進的な映像技術を医療の世界へも展開 医療現場の課題を克服する 映像ソリューション

近年、内視鏡を用いた手術やヘッズアップサージェリーとよばれるモニター映像を利用した手術が普及し、術野映像には肉眼ではとらえられないような細部まで映し出せる精細さが求められ、医療現場における映像の重要性が高まっています。また、撮影した高精細映像はカンファレンス(症例検討会)や教育に活用されるなど、映像の利活用も進んでいます。
ソニービジネスソリューションのメディカルビジネスは、ソニーがこれまで培った映像分野における先進的な映像とIPの技術をフルに活用し、手術室で使われる高画質カメラやモニター、レコーダーから、院内の映像をリアルタイムに共有できるIPベースのプラットフォームまで、医療現場のさまざまな課題を克服するための映像ソリューションを提供し、医療の発展に貢献しています。

術野映像を高画質撮影、記録
4K術野カメラで撮影した映像を、高画質で記録することにより、学会/教育用途での活用や、症例の研究・検証、医療の透明化への寄与が可能です。
術野映像を高精細に表示
開腹・開胸手術における手術部位の映像による拡大視や、内視鏡手術やヘッズアップサージェリーなど、モニター映像を利用した手術において撮影した組織や血管の微細な構造を、高精細かつ立体的にモニターに表示することで緻密な手術をサポートします。
院内映像をリアルタイムに共有
内視鏡や外科用顕微鏡など手術室内の多様な機器の映像をIPネットワーク経由でリアルタイムに一元管理・活用できるため、医局やスタッフステーションなど院内のどこからでもリアルタイムに視聴できます。将来的には、より最新鋭の画像解析技術で、手術サポートや医療現場のワークフロー効率化に寄与することを目指しています。
先進の映像・情報技術を医療現場に

医療に関連する最新事例

メニューを閉じる