1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 2021年2月4日

NTTドコモのWebイベント「docomo Open House 2021」にて
5Gを活用した新たな通信の可能性をコンセプトムービーで公開
離れた場所にいる人の“気配”をソニーの技術で伝える

 

2021年2月4日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:古田了嗣)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役:井伊基之)が2月4日(木)から開催するWebイベント「docomo Open House™ 2021」に、特設サイトを出展します。特設サイトでは、5Gとテクノロジーを掛け合わせることで実現する新たな通信の可能性を、コンセプトムービーで紹介します。


<コンセプトムービーイメージ>

 コンセプトムービーでは「つながる。次は、隣り合う。」をキーメッセージとして、離れた場所にいる人の気配や人とのつながりを、通信とテクノロジーを通して伝えられる新たな生活を描いています。昨年1月に開催された「DOCOMO Open House 2020」に出展した、人の動きや臨場感を色や光で伝える「5G/5Senses ~気配を伝える近未来~」をさらに発展させ、「音」「視線」「振動」「匂い」を、通信回線を通して自然に伝えることを目指しています。

 「音」「視線」「振動」「匂い」の伝達には、プロトタイプを含むソニーのさまざまな技術の活用を想定しています。「音」にはソニーの立体音響技術、「視線」には「低遅延映像伝送ソリューション(※)」のプロトタイプ、「振動」には触覚提示技術「ハプティクス技術」、「匂い」には、熱や水を使わず気体そのものに香りづけができる「Scentents™テクノロジー」をそれぞれ通信と併せて活用することで、五感を通じて人の気配を感じられる「気配通信」の可能性を表現しています。
 なお、本ムービーは、映画製作用CineAltaカメラ最上位機種『VENICE』で撮影されています。
※2月1日にコクヨ株式会社と共同で発表した、オフィスソリューションで活用された技術。

 今回の出展では、5Gとテクノロジーを活用することで、「通信はどれだけ会うに近づけるか」をコンセプトとしています。新型コロナウイルス感染症の拡大により、人との直接的な接触が難しくなる中、通信を単なるデータのやりとりの手段として利用するだけでなく、人との自然なつながりのひとつの選択肢として活用することを提案しています。



<コンセプトムービー:左上からそれぞれ「音」「視線」「振動」「匂い」を伝えるイメージ場面>

■出展概要

  • 展示期間:2021年2月4日(木)~2021年2月7日(日)
  • 参加費:無料 ※事前登録が必要です
  • イベントサイト: https://docomo-openhouse-2021.jp

■関連リンク

「DOCOMO Open House 2020」について
https://www.sonybsc.com/news/2020/20200121.html
「低遅延映像伝送ソリューション」の実証実験について
https://www.sonybsc.com/press/2021/20210201.html

※「docomo Open House」は、株式会社NTTドコモの商標です。

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

TEL:0120-580-730 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社  https://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL https://www.sony.jp/professional/

メニューを閉じる