1. ホーム>
  2. PRO CHANNEL>
  3. 「Inter BEE 2019(国際放送機器展)」ソニーブースレポート

「Inter BEE 2019(国際放送機器展)」ソニーブースレポート

イベント

    今年のテーマは、「ともに創る。ともに進む。Live Your Vision」

    ソニービジネスソリューションは、11月13日(水)~15日(金)の3日間、幕張メッセで開催されたInter BEE 2019に今年も出展しました。Inter BEEは、映像制作・放送関連機材、プロオーディオ、ICT・クロスメディアなどから構成される国内最大の業界イベントです。今年は、AI、次世代高速通信規格5G、IP化、4K/8Kコンテンツ制作などをキーワードに、過去最高の1,100社を超える企業・団体が出展しました。

    ソニーは「ともに創る。ともに進む。Live Your Vision」をテーマに、出展企業中最大のスペースで展示。Inter BEE 2019で初お披露目となるシステムカメラの新商品に加え、IPを活用した効率的な映像制作ソリューションや、AI技術を活用した新しいソリューションなど、ソニーの取り組みを総合的にご紹介しました。
    今回の注目製品の各担当者の声と、会場で寄せられたお客さまの声をご紹介します。

    待望の4K対応スタジオ大型カメラが登場

    今回、世界初出展したソニー初の4K対応スタジオ大型カメラは、国内のお客さまからの強いご要望で開発しました。従来のポータブルレンズと大型レンズアダプターの組み合わせよりも低重心なので、激しいカメラワークを行う撮影でも安定した操作ができます。また、ビューファインダー(VF)をレンズの光軸上に配置することにより、実際の被写体とVFに表示される被写体の高さが一致し、カメラマンはより直感的に被写体を捉えられるようになっています。コーナーは常に来場者が絶えない状況で、実際にカメラを操作されたお客さまからは、「非常に使いやすい」との声をたくさんいただきました。(マーケティング担当 肥後)

    初披露!新開発の6Kフルサイズセンサーを搭載したカムコーダー

    今回、国内初お披露目となったXDCAMメモリーカムコーダーは、新開発の6Kフルサイズセンサーを搭載しており、前景や背景を大きくぼかした被写界深度の浅い映像表現を実現しています。また、6Kで撮影した映像を4Kに変換しているので、従来の4Kセンサーよりも高精細で解像度の高い映像を収録できる点も特長です。お客さまからは、暗所でも高画質で撮影できることや、オートフォーカスの速さに驚きの声をいただきました。また、「フルサイズセンサー搭載、新カムコーダーが切り拓く新たな映像表現」と題したセミナーを期間中に開催しました。ビデオグラファーの方にお話いただき、多くのお客さまが足を止めて聞き入ってくださいました。12月発売のこのカメラは、CMやドラマ制作に欠かせない1台になること間違いなしです。(マーケティング担当 入倉)

    4K対応スタジオ大型カメラと担当の肥後

    6Kフルサイズセンサーを搭載したカムコーダーと担当の入倉

    取材やドキュメンタリー用カムコーダーの最上位機種が登場

    2020年1月に発売されるXDCAMショルダーカムコーダーの最上位機種を展示しました。4K 2/3型3板式のCMOSイメージセンサーを搭載し、被写体の色を正確に表現できることに加え、グローバルシャッター機能により、被写体を撮影した時に画面の一部分だけが白く飛んでしまう「フラッシュバンド」や、動きの速い被写体を撮影した時に起こりやすい「動体ゆがみ」がないことも特長です。既存のカムコーダーをお使いのお客さまの多くが4K 2/3型3板式に対して高い期待をお持ちで、「待ってました!」といった声を数多くいただきました。また、当面はHDで運用されるお客さまからも、「暗い場所でもノイズが少なく驚いた。性能が上がっていることを実感した」との声をいただきました。(マーケティング担当 宮本)

    XDCAMショルダーカムコーダーと担当の宮本

    ソニーのカメラソリューションコーナーは、毎年豊富な製品ラインアップ!

    大容量と高速転送を実現する、オプティカルディスク・アーカイブ

    「オプティカルディスク・アーカイブ」は、ソニーの大容量光ディスクストレージシステムです。4K/8K映像制作の発展や、これまでとは比べものにならないほど膨大なデータ量を企業が取り扱うようになり、データアーカイブに関する課題が増えたことで、コーナーにはお客さまが絶えませんでした。2012年に商品発売後、2016年に第2世代を発売。今回展示した新商品は、第3世代です。5.5TB(テラ・バイト:1ギガ・バイトの1,000倍)の大容量と高速転送を実現します。民放局様ではすでに60局以上で採用されていることもあって、お客さまからは「放送業界での実績があるので、安心して採用できます」と、大変うれしいお言葉をいただきました。今後もデータアーカイブ用途に安心してご利用いただけるよう、努めて参ります。(マーケティング担当 千明)

    効率的なライブ制作を支援する「IP Live プロダクションシステム」

    映像制作・伝送分野での機器間接続は、これまで同軸ケーブルでの接続が一般的でIPネットワークの利用は限定的でしたが、ここ数年で放送システムのIP化が急速に進んでいます。こちらのコーナーでは、新ソリューション「Live Element Orchestrator(LEO)」をご紹介しました。LEOは、複数のシステムをIPネットワーク上で、統合的に管理・監視するソリューションです。たとえば、放送局のスタジオサブや中継車に設置されたカメラやスイッチャーなど映像制作機器の設定を4K⇔HDに切り替える場合に、LEOを使えば切り替えを自動化できます。また、IPシステムではネットワークに接続できる機器を自由に増やせる一方で、システムが大規模になると不具合の原因を突き止めにくいという課題がありますが、LEOの監視機能を使うことで不具合の箇所を迅速に特定・表示できます。ご来場のお客さまには、現場の作業負担軽減やシステムの非稼働時間の短縮などを感じていただくことができました。(マーケティング担当 大窪)

    オプティカルディスク・アーカイブと担当の千明

    IP Liveプロダクションシステムと担当の大窪

    すでに実用化されている、ソニーのAIソリューション

    AI自動化ソリューションコーナーでは、音響解析システムをご紹介しました。本システムは、スポーツのダイジェスト番組制作で、すでに活用されています。音響解析エンジンが、ダイジェスト番組の構成に必要なシーンを自動的に抽出し、効率的な番組制作を支援しています。期間中には、「映像制作領域における AI 活用と目指す未来」と題したセミナーを開催しました。お客さまからは、「ソニーのAIが番組制作で実用化されていたことを、初めて知りました!」、「このAIソリューションは、すべてのスポーツに対応していますか?」などたくさんのご感想やご質問をいただき、AIに関する関心の高さを感じました。(AIスペシャリスト 日比)

    AI自動化ソリューションコーナーでは、音響解析技術を用いた映像制作をご紹介

    AIソリューションセミナーに登壇した日比

    おかげさまをもちまして、今年も盛況のうちに3日間の会期を終えることができました。
    多くの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。


    一覧へ戻る

    キーワード検索

    お客さま 挑戦 イベント 社風 テクノロジー

    最新記事 

    高画質とIPネットワークが切り拓く、未来の医療

    院内の映像データを一元管理・活用する、新たな映像ソリューション

    高画質とIPネットワークが切り拓く、未来の医療

    「Inter BEE 2019(国際放送機器展)」ソニーブースレポート

    今年のテーマは、「ともに創る。ともに進む。Live Your Vision」

    「Inter BEE 2019(国際放送機器展)」ソニーブースレポート

    ファンと共に創る、世代を超えて楽しめるボールパーク

    全国のカープファンとスタジアムをつなぐ「ライブ応援システム」

    ファンと共に創る、世代を超えて楽しめるボールパーク
    メニューを閉じる