1. ホーム>
  2. PRO CHANNEL>
  3. 「資生堂グローバルイノベーションセンター」でのCrystal LEDディスプレイシステム活用事例

「資生堂グローバルイノベーションセンター」でのCrystal LEDディスプレイシステム活用事例

お客さま

    美のひらめきと出会う場所

    2019年4月13日、横浜みなとみらいにオープンした資生堂の最先端研究施設「資生堂グローバルイノベーションセンター(以下、S/PARK)」。ここは、資生堂のこれまでの研究所とは一線を画するミッションを持っています。それは、さまざまな人や企業と出会い、そこから生まれるひらめきで未来のビューティーをつくっていくこと。同センターは「多様な人々が世界中から集う“資生堂のパーク(公園)”」と「その出会いから生まれるインスピレーションが“スパーク”する場所」の意味を込め、「S/PARK(エスパーク)」と名付けられました。カフェや多目的スタジオが併設された1、2階の空間は、一般のお客さまも利用できるオープンコミュニケーションスペースになっており、お客さまと資生堂の研究員(社員)との、新たな接点となっています。
    S/PARK、1、2階にあるオープンコミュニケーションスペースの壁一面に、世界最大※となる16K×4KサイズのCrystal LEDディスプレイシステム(以下、Crystal LED)が稼働しています。Crystal LED導入の背景とともに、その役割について、プロジェクトリーダーの久代哲之様と、マネージャーの蔵内健太郎様に伺いました。

    ※2019年4月時点 「Crystal LED ディスプレイシステム」として


    一覧へ戻る

    キーワード検索

    お客さま 挑戦 イベント 社風 テクノロジー

    最新記事 

    生活の中で人の気配を伝える、5Gの新たな可能性

    五感で楽しむ展示ブース「5G/5Senses〜気配を伝える近未来〜」

    生活の中で人の気配を伝える、5Gの新たな可能性

    現場対応力を武器に、新たな市場の開拓に挑みつづける

    未来を拓くリーダーたち Vol.2 – エンジニア 今津 真美子

    現場対応力を武器に、新たな市場の開拓に挑みつづける

    高画質とIPネットワークが切り拓く、未来の医療

    院内の映像データを一元管理・活用する、新たな映像ソリューション

    高画質とIPネットワークが切り拓く、未来の医療
    メニューを閉じる