1. ホーム>
  2. PRO CHANNEL>
  3. システム構築は、対話の積み重ねから、生まれる

システム構築は、対話の積み重ねから、生まれる

テクノロジー

    未来を拓くリーダーたち Vol.1 - エンジニア 齋藤 航

    ソニービジネスソリューションの最前線で活躍中の社員を紹介する「未来を拓くリーダーたち」シリーズ。今回登場するのは、新次元の映像体験を実現するCrystal LEDディスプレイシステム(以下、Crystal LED)のプロジェクトリーダーを担当する入社4年目のエンジニア 齋藤航。エンジニアとしてのこだわりや、最近挑んだプロジェクト、さらに、将来を見据えるキャリアについて語ってもらいました。

    失敗を恐れず、常に挑戦し、学び続けること

    私がエンジニアとして大切にしているのは、失敗を恐れず、常に挑戦し続けることです。当社には若いうちから仕事をまかせてくれる風土があります。私も入社当初から上司や先輩たちに「失敗しても自分たちが必ずカバーするから、どんどん挑戦してくれ!」と言われたことが、新たな技術をソリューション提案に生かそうというマインドにつながったと思っています。失敗を恐れないことで、難題に立ち向かって試行錯誤することができたり、それを通じて思いも寄らないアイデアが生まれたり、常識にとらわれない考え方が身に付いたりと、エンジニアとして大切な姿勢を身につけられたと思います。

    さらに、エンジニアとして仕事をしていくなかで、学び続けることがとても重要だと実感しています。現在、私が担当しているCrystal LEDは、最先端の映像技術を投入した次世代のディスプレイシステムで、加速度的に技術革新が行われているビジネス領域です。そのため、社内外の最新映像技術はもちろん、システムに関連するAV周辺機器の開発動向も日々リサーチしています。同時に、巨大なディスプレイを安全に設置するための建築・電気関連技術の情報収集も欠かせません。このように最新の知識を幅広く吸収することで、お客さまが求めるシステムに対し、最良の提案をできるように心がけています。

    社内での、Crystal LED検証中の様子

    Crystal LEDの各ユニットの繋ぎ目がなめらかになっているか確認している様子

    お客さまが真に望むものを、対話の中から探し出す

    実際のシステム構築では、お客さまの要求にただ応えるのではなく、⾃分なりの工夫を盛り込んだソリューションを提案することが大切だと考えています。そのために、何度も先方を訪問し、対話を繰り返しながら、お客さまが真に望むものは何かを探し出し、それを踏まえ提案するようにしています。自分でも「エンジニアってこんなにお客さまの前に出るものだったかな」と考えることもありますが(笑)、システム構築は人と人のコミュニケーションからしか生まれないと思っています。

    先日、本田技術研究所様にデザインシミュレーション用ディスプレイとしてCrystal LEDを納入しました。その際もお客さまとの対話から、デザインの現場でより使いやすい表示機能が必要だと考え、その機能に秀でる海外メーカーの画像プロセッサーの導入を提案。前例がない挑戦でしたが、英語のマニュアルを読み込み、Crystal LEDの性能を最大限発揮させながら、お客さまが求める仕様に合致するよう検証・改善を繰り返し、理想のシステムを完成させました。しかし、お客さまと最終の動作確認しているときに映像が映らなくなるというトラブルが発生したんです。原因は不慣れな操作による映像プロセッサーの単純な設定ミスだったのですが、今後このような不具合が二度と起こらないよう、システムの細部まで徹底的に調べ上げました。トラブルの理由をお客さまに詳細に説明したところ、ご納得いただいたうえ、きめ細かく迅速に対応した姿勢が認められ、より強い信頼関係にもつながったと思います。

    本田技術研究所様に納品したCrystal LED。デザインを細部までリアルに映し出し、評価がしやすくなったと好評を博している

    目指すのは、ジェネラリストとしてのエンジニア

    私が目指しているのは、特定の分野を極めるエンジニアではなく、多方面の分野の能⼒を伸ばすジェネラリストとしてのエンジニアです。異なるカテゴリーを経験することで、視野やスキルを広げ、自分にしかできないソリューションを提案していきたいと考えています。具体的に携わってみたいのは、映像や演出の分野です。実は、私は学生時代に映画館でアルバイトをするほどの映画好きで、映画や映画館に携わる仕事に就きたいと考えたこともありました。映像や演出はより多くの人に感動を与えるもので、観客が喜んでいる姿を見られることは自分のやりがいにもつながると思っています。これからも「失敗を恐れず、常に挑戦する」という気持ちで、さまざまな分野を経験し、エンジニアとして成長していきたいと思います。

    上司の岡田との打ち合わせの様子

    上司から見た、エンジニア 齋藤 航

    齋藤が持つ、経験のないことへ挑戦する姿勢、新たな知識に対する向上心、これからのビジョンなどには、周りの社員も大いに刺激を受けています。同僚のよいところをさらに吸収し、現在担当しているCrystal LEDを軸に会社を大いに盛り上げていきましょう。まだ入社4年目ですが、知識や経験が少ない若⼿だからこそできることを大事に、これからもためらわず勇気をもって若手を引っ張る存在で居続けてください。よろしくお願いします!

    ソニービジネスソリューション株式会社 岡田


    一覧へ戻る

    キーワード検索

    お客さま 挑戦 イベント 社風 テクノロジー

    最新記事 

    ファンと共に創る、世代を超えて楽しめるボールパーク

    全国のカープファンとスタジアムをつなぐ「ライブ応援システム」

    ファンと共に創る、世代を超えて楽しめるボールパーク

    人が集まり、共感できる「場」を創造する

    新しい体験の場をつくる「ロケーションバリュープランニング」

    人が集まり、共感できる「場」を創造する

    「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート

    日頃の感謝を込めて、社員の家族をおもてなし

    「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート
    メニューを閉じる