1. ホーム>
  2. プレスリリース>
  3. 2018年11月9日

ソニービジネスソリューション、ソフトバンクと「スマート情報カメラ」ビジネスにおける提携に合意

2018年11月9日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下、ソニービジネスソリューション)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内謙、以下、ソフトバンク)と、ソフトバンクの携帯電話の基地局(携帯電話基地局)とソニーのネットワークカメラを活用した映像コンテンツ配信サービス「スマート情報カメラ」ビジネスにおける提携に合意しました。
 ソニービジネスソリューションはこのたびの提携により、「スマート情報カメラ」サービスの販売を2019年春から開始します。併せて、本サービスへのカメラ機材の提供、お客さまに納入する映像表示機器のシステムインテグレーションおよびシステム保守を行います。

 「スマート情報カメラ」は、ソニー製ネットワークカメラとソフトバンクの携帯電話の基地局、映像プラットフォームを利用し、ライブ映像とアーカイブ映像を提供する新たなIoTサービスです。携帯電話の基地局にネットワークカメラを設置し、撮影した映像を24時間リアルタイムで配信します。カメラ、回線、映像プラットフォーム、保守までをオールインワンで提供するため、カメラの設置場所や故障などを気にすることなく情報カメラを活用できる点が特長です。

 ライブ映像やアーカイブ映像の活用については、報道機関における情報収集や自然災害に対する防災対策など、リアルタイムでの情報収集が必要な現場での需要が拡大しています。ソニービジネスソリューションは、長年培った放送局向けビジネスのノウハウとソニーが持つ世界有数のイメージセンサー技術を「スマート情報カメラ」サービスに活用し、より効率的に必要な映像を入手したいというお客さまのニーズに本サービスの販売を通じてこたえていきます。

 ソフトバンクから以下コメントをいただいています。

ソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 今井康之様
「ソフトバンクは、ソニービジネスソリューションとの「スマート情報カメラ」ビジネスにおける提携を心から歓迎いたします。
『スマート情報カメラ』はソフトバンクが全国各地に有するモバイル基地局と、ソニーが持つ世界有数のイメージセンサー技術などの最先端の映像技術を掛け合わせることで、お客さまの映像活用における課題を解決する新たなIoTサービスです。
ソフトバンクは今後も、映像分野に関する技術力と全国に展開する営業網を有するソニービジネスソリューションとのパートナーシップを強化し、本サービスの拡大に努めてまいります。」

■「スマート情報カメラ」について

販売開始時期:2019年春(予定)

想定利用用途

  • 放送局での情報カメラやお天気カメラとして
  • 自治体における防災対策として
  • 交通状況や設備のモニタリング用として

■ご参考

ソフトバンクのWEBマガジン 「Future Stride」
「つながる」は電波から映像に。全国の基地局が365日映像配信「スマート情報カメラ」
https://tm.softbank.jp/future_stride/topics/20181031/

 なお、「スマート情報カメラ」は、2018年11月14日(水)から幕張メッセで開催される「2018年国際放送機器展(Inter BEE 2018)」のソニーブースにて展示予定です。

inter BEE 2018

https://www.inter-bee.com/ja/

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

TEL:0120-580-730 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社  http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL https://www.sony.jp/professional/

メニューを閉じる