1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2017年11月15日

長寿命・高安全リチウムイオン蓄電池を搭載した48V直流電源装置を受注
1号機が東京キー局のテレビ放送中継局 千葉県「丸山局」の
デジタル送信機用バックアップ電源として採用決定

2017年11月15日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄)は、リチウムイオン電池を搭載した48V直流電源装置を新たに商品化し、その1号機を日本デジタル放送システムズ様より、テレビ放送中継局用送信機のバックアップ電源として受注をいたしました。本商品は東京民放キー局様と千葉テレビ様との共同設備として2018年3月に千葉県丸山局に納入される予定です。

■ 受注商品概要

型式:48V直流電源装置 『BCPS-300480BT』
価格:オープン

システム外観
システム外観

 従来、デジタル放送中継局用送信機のバックアップ電源には、鉛蓄電池を搭載した直流電源装置が使用されてきました。昨今の気象変動や災害の激甚化により、中継局では、厳しい環境においてもより故障リスクが低く、長寿命な装置が求められています。
 今回、受注した48V直流電源装置は、落雷や塵埃環境を想定した信頼性の高い充電器と長寿命・高安全なリチウムイオン蓄電池(*1)を組み合わせ、装置全体の期待寿命を15年(*2)で設計、ファンや蓄電池などの部品を定期交換する必要がなく、メンテナンスコストの大幅な削減に貢献できます。

 加えて、今回搭載するリチウムイオン蓄電池は、小型軽量化により従来の鉛蓄電池と比べて、同じバックアップ時間なら蓄電池個数も総重量も半分以下となります。また、収納盤に分解組立可能なラックを採用しています。これらにより、山岳部に多く建設されている中継局への山道搬入にかかる時間やコストの低減に貢献でき、これらの特長がお客さまに高く評価され、今回の受注にいたりました。

 今年度より地上デジタル放送中継局の機器更新が本格的にスタートしております。弊社は、今後も中継局用送信機に最適なバックアップ電源として48V直流電源装置の導入を進め、お客さまの放送サービス事業をサポートしてまいります。

※1: 株式会社村田製作所のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池“Fortelion”(フォルテリオン)。

■ 48V直流電源装置の主な特長

  • 1.気象変動などのリスクに強い、信頼性の高い充電器
     雷に強い:被雷時の出力過電圧リトライ機能(*3)
     埃に強い:基板コーティング&部分放熱フィン空冷方式(*4)
  • 2.装置全体の期待寿命15年(*2)
  • 3.簡単で精度の高い蓄電池の寿命診断が可能(安心して長期利用が可能)
  • 4.小型軽量(従来の鉛蓄電池と比較して1/2以下、同スペースに2倍のバックアップ時間の構成が可能)
  • 5.分解可能な組立式収納盤(*5)(搬入コストの低減が可能)

※2:弊社規程の条件下における期待寿命となります。
※3:雷サージなどにより出力過電圧を検出した際に、30秒間に3回まではリトライを繰り返して自動復帰させる機能
※4:放熱フィンのみへの強制空冷構造
※5:オプション(蓄電池容量に応じて2タイプご用意)

 なお、本製品は、2017年11月15日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で行われる「国際放送機器展」のソニーブースにてご紹介いたします。

■関連リンク:

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

TEL: 0120-580-730 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/