1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2017年11月8日

放送業界初、長寿命・高安全リチウムイオン蓄電池搭載UPS電源を
奈良テレビ放送様に納入

2017年11月8日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび放送局では初めて奈良テレビ放送株式会社様に、長寿命・高安全なオリビン型リン酸鉄リチウムイオン蓄電池搭載のUPS電源(CVCF無停電電源装置)を納入いたしました。本システムの納品は2017年6月に完了しており、災害などによる停電時にもデジタル送信システムを停止させないバックアップ用の電源として活用されています。

電池盤に組み込まれたリチウムイオン電池左から電池盤、電源盤、入出力盤電池盤に組み込まれたリチウムイオン電池左から電池盤、電源盤、入出力盤

 本装置には、株式会社村田製作所のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池「“Fortelion” (フォルテリオン)」が搭載されています。従来の一般的な鉛電池の期待寿命が10年未満であるのに対して、“Fortelion”の期待寿命は15年以上(*1)で、その間の電池交換が不要となります。またリチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、長時間のバックアップと小型軽量化を両立し、搬入・施工コストの削減や設置における省スペース化を実現できます。

 さらに従来、点検のための鉛電池抵抗の計測は、深夜帯に電池を一つ一つ手作業で行う必要がありましたが、本装置ではIoT型の電池計測システムで、電源装置を稼働した状態のまま、昼夜問わずいつでも数分で精度の高い寿命診断ができるようになりました。これにより、メンテナンス作業の簡便化が実現できます。

 以上の点を、お客さまにて高く評価頂き、今回の採用にいたりました。
*1: 弊社規程の条件下(室温(23℃)で1日1回の充電・放電の場合)における期待寿命となります。またシステムとしての期待寿命は、電源や周辺機器全体で15年間です。

■ 納入概要

納入機材:電源容量 15kVA 電池容量14kWh 15年後バックアップ時間30分
納入場所:奈良テレビ放送株式会社 生駒送信所(生駒山)

■ 納入したUPS(無停電電源装置)の主な特長

  • 長寿命・高安全な「オリビン型リン酸鉄リチウムイオン蓄電池」を搭載。
  • 長寿命(期待寿命15年以上(*1))電池採用で15年間電池交換不要。
  • 小型・軽量・省スペース化により、運搬搬入・設置施工コストを軽減。
  • IoT型電池計測システムの搭載により点検作業も簡便化、精度の高い電池寿命測定が可能

 なお、本ソリューションは、2017年11月15日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で行われる「2017年国際放送機器展(Inter BEE 2017)」のソニーブースにてご紹介いたします。

 今後ソニービジネスソリューションは、この高安全性・長寿命リチウムイオン電池で従来の鉛電池・アルカリ電池の置き換えを加速し、放送局様をはじめとした社会インフラ市場に向けて、信頼性の高い電源装置、エネルギー貯蔵装置を提供して参ります。

■関連リンク:

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

TEL:0120-580-730 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/