1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2017年6月7日

静岡放送株式会社様より国内初、
IPライブ伝送技術を活用したスタジオサブシステムを受注
~制作ワークフローをIP化し、中継先のカメラと局内スタジオサブとを一体化した遠隔制作も可能~

2017年6月7日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、静岡放送株式会社様(以下、静岡放送様)より、ソニーが開発したIPでのAV伝送方式であるネットワーク・メディア・インターフェースを活用し、映像制作ワークフローのIP化を実現するスタジオサブシステムを日本国内で初めて(*)受注いたしました。本システムは2018年2月の納入後、順次稼働を開始する予定です。なお、弊社はネットワーク・メディア・インターフェースをコア技術にしたシステムソリューションを「IP Liveプロダクションシステム」と呼称し、ご提案しています。

 地上波の地方放送局においてもコンテンツ利用の多様化が進む中、静岡放送様では先端の放送技術による、新たな映像制作への取組みが進められています。今回採用されるスタジオサブシステムでは、4K制作対応はもちろんのこと、HD制作においても、IPによるライブ伝送の利点を活かした遠隔制作(リモートプロダクション)運用が可能です。
 遠隔制作運用は、映像/音声/タリ―/制御などの信号をすべてIPでスタジオサブにライブ伝送し、中継現場はカメラなど最低限の構成のみで映像制作を行うことができます。コンテンツ制作の効率化、および生産性の向上を実現するシステムです。

 なお、5月23日・24日の2日間、静岡放送様、株式会社TOKAIコミュニケーションズ様、ソニービジネスソリューションの三社は、共同でリモートプロダクションの運用テストを行いました。静岡放送様本社スタジオサブとヤマハスタジアム(静岡県磐田市)を1GbpsのIP回線で接続し、映像/音声/タリ―/制御信号をIPライブ伝送し、スタジアム側のカメラを本社のスタジオサブから遠隔操作することに成功しました。ネットワーク・メディア・インターフェースの活用により、超低遅延で長距離伝送が可能になり、局内のスタジオサブから離れた場所にあるカメラと一体化した制作が実現できます。

※国内民間放送局のスタジオサブシステムで中核となるスイッチャーの入出力に、IPライブ伝送技術が採用されている点。
2017年6月7日時点 ソニービジネスソリューション株式会社調べ。

【受注システム概要】

『XVS-7000』 マルチフォーマットスイッチャー
『PWS-110NM1』 IPライブシステムマネージャ
『NXL-FR318』 シグナルプロセッシングユニット
『NXLK-IP40F』 SDI-IPゲートウェイ
『NXL-IP55』 IP伝送ユニット
『PWS-4500』 マルチポートAVストレージユニット

IP Live Production System

 ソニービジネスソリューションは、ソニーのプロフェッショナルソリューション事業において、放送局や一般企業、スタジアム、映画館、官公庁、大学など様々な市場に向けて、お客さまのニーズに合わせた映像ソリューションを提供してまいりました。今後も、業界最先端の映像技術をもって、お客さまのパートナーとして共にビジネスを発展させてまいります。


■関連リンク:

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/