1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2016年12月15日

西武鉄道株式会社より、長寿命なリチウムイオン蓄電池搭載の無停電電源設備(UPS)を受注
~停電時のIPネットワーク通信のバックアップ電源として採用~

2016年12月15日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、西武鉄道株式会社(以下、西武鉄道)より、IPネットワーク通信機器用のリチウムイオン蓄電池搭載の無停電電源装置(UPS)※1をシステムとして受注いたしました。本システムは、災害等の停電時における、駅間通信用のハブ、スイッチ等のバックアップ電源としての採用となります。

※1: UPSとは、(Uninterruptible Power Supply)の略称で、停電などによって電力が断たれた場合にも電力を供給し続ける電源装置です。

 本システムには、ソニー製のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池を搭載します。一般的なUPSに採用されている鉛電池と比べて約3~4倍の長期間の使用が可能で、電池交換業務や管理工数を軽減します。長寿命に加えて、省スペース、高速充電性能、高い安全性能が評価され、今回の採用となりました。本システムにより、IP化された通信設備において、停電などにより電力が絶たれた場合でも、バックアップ電源により通信手段が確保できるほか、情報共有を通じて交通機関の混乱を最小限に抑える効果が期待されます。

納入機材:ESSP-4000カスタム品※2 10式

  • UPS :定格出力 1.5kVA 常時インバーター給電方式
  • 蓄電池:定格容量 3.3kWh

■納入場所:西武鉄道 主要10駅

業務用蓄電システム

※2: 今回の納入機材は、パッケージ型の業務用蓄電システム(ESSP-4000シリーズ)をベースに、弊社が西武鉄道用にカスタマイズして納入する蓄電システムです。

■ソニー製オリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池の特長

  • 長寿命
  • ・期待寿命20年※3:長期間電池交換なしで使用可能、ライフサイクルコスト(LCC)を低減。
    ・省エネルギー:鉛電池やニカド電池に比べて充放電効率が高く、自己放電をほとんどしないため、
     長期の保管が可能。環境にも優しく、経済的。
    ・優れた放電特性:浅い充放電の繰返しによるメモリー効果がほぼなく、長期使用が可能。また、最も過酷な充放電領域(0~100%)での使用においても10,000回以上の長期サイクルを達成。
  • 急速充電性能:約1時間でほぼ満充電が可能。(システムの構成により、充電時間は変動します。)
  • 高い安全性能:ソニー独自の安全機構を搭載。建物倒壊による電池の破壊や周辺火災による電池への加熱など、様々な事故や災害を想定した厳しい安全性試験を実施。電池工業会産業用リチウムイオン二次電池の安全性試験「SBA S1101」、米国安全認証「UL」、EU欧州安全認証「CE」の他、リチウムイオン二次電池としては、業界初の消防認定を取得※4しています。

※3:室温(23℃)で1日1回の充電・放電の場合
※4:2016年12月時点、ソニー調べ。

 ソニービジネスソリューションは、ソニーのプロフェッショナルソリューション事業において、放送局や一般企業、スタジアム、映画館、官公庁、大学など様々な市場に向けて、お客さまのニーズに合わせた映像ソリューションを提供してまいりました。今後も、ハードウエアのみならずアプリケーションやコンテンツも合わせたソニーの提案力により、お客さまのパートナーとして共にビジネスを発展させて参ります。

■参考リンク:
・ソニー製品サイト 蓄電システム
http://www.sony.jp/pro-battery/
・ソニービジネスソリューション コーポレートサイト(金融・官公庁・オフィス)
http://www.sonybsc.com/sbsc/solution/business.html

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/