1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2016年11月16日

スカパーJSAT株式会社より4K放送用 IPルーティングシステムを受注
~IP技術の活用により拡張性と信頼性の高い4K映像伝送・監視を実現~

2016年11月16日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、スカパーJSAT株式会社(以下スカパーJSAT)より、業界に先駆けて4K放送用IPルーティングシステムを受注いたしました。

 今回受注したシステムは、4K放送用の映像を、IP伝送により出力・監視する設備です。受注システムには、4K/HD統合運用の用途として、HDRプロダクションコンバーターユニット『HDRC-4000』も含まれており、4K放送の本格化を視野に4K HDR映像制作の運用にも柔軟に対応できます。

 スカパーJSATはかねてより、新しい放送技術に積極的に取組み、より高画質で多彩なコンテンツを放送することで、4K放送の発展に貢献しています。今回、スカパーJSATが採用した4K放送用IPルーティングシステムは、4K/HDにIP技術を用いることで、映像系統数の増加や伝送フォーマットの変更などにも柔軟な対応が可能となり、拡張性の高い伝送・監視を実現します。IPならではの柔軟性・拡張性に加え、ソニーの4Kに対する業界に先駆けた総合的な取り組みが高く評価され、今回の採用に至りました。

 本システムは2017年3月の納入を予定しており、順次稼働を開始する予定です。

 ソニーは映像伝送にIPを用いて制作システム全体をネットワークで一元管理し、運用効率と高付加価値映像制作を両立するIP Liveプロダクションシステムと、そのコア技術であるネットワーク・メディア・インターフェースを普及推進しています。

 IP Liveプロダクションシステムは、インフラ部にCOTS(commercial-off-the-shelf, 商用汎用品の意)のネットワークスイッチを採用し、高性能でコストパフォーマンスのよいシステム構築が可能です。ネットワークスイッチの追加により柔軟なシステム拡張ができます。また、同一インフラ上のデータ変更だけで伝送映像系統数の変更や伝送フォーマットの変更に対応可能です。さらに、容易にシステムの二重化が可能で、万一システムに不具合があった場合でも、バックアップシステムが即時に稼働し、高い可用性を備えています。

 現在主流の伝送方式であるSDIで4Kの中継を行う場合、系統数の追加やフォーマット変更、インフラ機器の買い替えなどの際に、大掛かりなシステム変更が必要でした。また、システム二重化のためには複雑な経路の設計・構築が必要であり、導入と維持に手間とコストがかかっていました。

 ソニーはIP Liveプロダクションシステムの導入により、高い拡張性と信頼性をご提供いたします。

【受注システム概要】

IP Liveシステムマネージャー       『PWS-100NM1』
シグナルプロセッシングユニット     『NXL-FR318』
SDI-IPコンバーターボード        『NXLK-IP40F』
HDRプロダクションコンバーターユニット 『HDRC-4000』

 ソニービジネスソリューションは、ソニーのプロフェッショナルソリューション事業において、放送局や一般企業、スタジアム、映画館、官公庁、大学など様々な市場に向けて、お客さまのニーズに合わせた映像ソリューションを提供してまいりました。ライブ放送などの映像制作現場においては、これまで4K対応中継車の製作を数多く手がけ、そのシステムの先進性・安定性・将来への拡張性、また長期安定運用を実現するその保守・サポート力に対して非常に高いご評価をいただいています。今後も、業界最先端の映像技術をもって、お客さまのパートナーとして共にビジネスを発展させてまいります。

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/