1. ソニービジネスソリューション株式会社>
  2. プレスリリース>
  3. 2016年11月16日

株式会社東通より4K HDRライブ映像制作に対応した中継車を受注
~IPベースの制作ワークフローにも拡張可能~

2016年11月16日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、株式会社東通(以下東通)より、4K HDR映像制作に対応した大型両拡幅式(停車中、車体が左右に拡幅できる)中継車の製作を受注いたしました。

 この中継車には、ソニーが業界に先駆けて確立した”SR Live for HDR”制作ワークフローが採用されています。”SR Live for HDR”とは、撮影から送出・配信まで4K HDRライブ制作の一連の工程の中で、4K HDRとHD SDRのシステムを統合し、同時制作を行うことで効率的な制作ワークフローとシンプルなシステム構成を実現する、ソニーが確立したワークフローです。

 ソニーは、4K HDRライブ制作において、3つのポイントを重要視しています。
①4K HDRとHD SDRの同時制作
②従来のHDライブ制作ワークフローを踏襲したオペレーション
③4K S-Log3で制作し、その見た目を保持した状態で他のEOTF*1へ変換

 以上の3点を実現したのが、”SR Live for HDR”ワークフローです。この度、東通様にはこの3つのメリットをご評価いただき、本中継車を採用いただきました。
 本ワークフローの採用により、従来のワークフローを踏襲したままで、4K HDRの高画質でのライブ制作が可能となります。スポーツ中継や音楽ライブ収録での活用が期待されており、現場の空気感をそのまま家庭へと届けるというコンテンツの高付加価値化を実現いたします。

※1: Electro-Optical Transfer Functionの略。「データ」を「目に見える光」に変換する機能のこと。

 また、今回納品するスイッチャーやカメラ用ベースバンドプロセッサーユニット、XAVCサーバーなど主要機器は、将来の制作ワークフローのIP化を見越して、IPベースでの映像・音声信号のやり取りを可能にする「ネットワーク・メディア・インターフェース」に対応しています。今日、視聴者の多岐にわたる嗜好に対応するため、多様なアングルより撮影した映像へのニーズが高まっており、多くのカメラを使った中継・収録を行う機会が増加しています。その場合、中継車同士をドッキングして運用することが多く、多数のケーブル接続が必要となります。多数のケーブル接続や組み換え、確認作業は、スタッフにとって大きな負担であり、将来的にIP化されることで、こうしたシステム間接続の効率化が期待されています。

 本中継車は2017年1月の納車を予定しており、順次稼働を開始する予定です。

【中継車 完成イメージ図】

中継車完成イメージ図

【受注システム概要】

HDC-4300 マルチフォーマットポータブルカメラ (2式)
BPU-4500 ベースバンドプロセッサーユニット (8式)
XVS-8000 マルチフォーマットスイッチャー (1式)
BVM-X300 30型4K有機ELマスターモニター (2式)
HDRC-4000 HDRプロダクションコンバーターユニット (7式)
PWS-4500 マルチポートAVストレージユニット(XAVCサーバー) (2式)

 ソニービジネスソリューションは、ソニーのプロフェッショナルソリューション事業において、放送局や一般企業、スタジアム、映画館、官公庁、大学など様々な市場に向けて、お客さまのニーズに合わせた映像ソリューションを提供してまいりました。ライブ放送などの映像制作現場においては、これまで4K対応中継車の製作を数多く手がけ、そのシステムの先進性・安定性・将来への拡張性、また長期安定運用を実現するその保守・サポート力に対して非常に高い評価をいただいています。今後も、業界最先端の映像技術をもって、お客さまのパートナーとして共にビジネスを発展させてまいります。

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/