1. ホーム>
  2. プレスリリース>
  3. 2015年11月12日

山陰中央テレビジョン放送株式会社に、新社屋報道サブシステムとして
仮想化技術を活用した機能集約型の新システム「オートメーションサブシステム」を受注

2015年11月12日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)は、このたび、山陰中央テレビジョン放送株式会社(以下、山陰中央テレビ)が、松江市に建設中の新社屋内報道サブ向けに、ソニービジネスソリューションが開発した新しいニュース送出システム『オートメーションサブシステム』を受注しました。

 山陰中央テレビは、山陰の情報発信基地として新たな飛躍を遂げるべく、新社屋のシステム構築を進めています。特に「TSK みんなのニュース」に代表される報道番組は地域の方々への情報発信において重要な役割を担っており、より魅力的なコンテンツを、正確かつ迅速に視聴者に提供できる体制を整えることを目指しておられます。

 『オートメーションサブシステム』は、ニュース番組のオンエア支援として活用されているワンタッチコントロールによる送出システムにおいて、新しいソリューションを提供するものです。従来、放送機器を制御するために機能ごとにIT機器を設置する必要がありましたが、これらの役割を仮想OS上で動作をさせて1台のサーバーに集約し、この1台で全ての機能が実現できるようになります。これにより、IT機器の削減が可能となり、合わせて、メンテナンス性の向上、柔軟な拡張性を提供できます。また、XDCAMプロフェッショナルメディアステーションをシステムの基幹となる送出サーバーに採用 することで、効率的なファイルベース送出を実現するとともに、緊急対応力を高めることもできます。さらに、お客さまの操作性に直結するGUIは、柔軟にカスタマイズ可能です。これらの特長により、少数精鋭スタッフでの正確で迅速な報道番組の放送を、強力にサポートします。本システムは、2016年8月末から運用を開始する予定です。
※仮想化技術:1台の物理サーバー上に複数の仮想コンピューターを構築し、それぞれを個々のコンピューターとして動作をさせる技術。

【導入予定システム概念図】

導入予定システム概念図

 ソニービジネスソリューションは、ソニーのプロフェッショナルソリューション事業において、放送局や一般企業、スタジアム、映画館、官公庁、大学など様々な市場に向けて、お客さまのニーズに合わせた映像ソリューションを提供してまいりました。今後も、ハードウエアのみならずアプリケーションやコンテンツも合わせたソニーの提案力により、お客さまのパートナーとして共にビジネスを発展させてまいります。

■参考リンク:
・ソニービジネスソリューションの「放送」ソリューションのご紹介
http://www.sonybsc.com/sbsc/solution/broadcasting.html

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社 URL http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL http://www.sony.jp/professional/

メニューを閉じる