1. ホーム>
  2. プレスリリース>
  3. 2014年3月10日

スカパーJSAT株式会社に、ソニーの4K放送機器システムを納品
4K試験放送へ向けて撮影・制作・送出のトータルソリューションを構築

2014年3月10日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:花谷慎二)は、2014年3月末、スカパーJSAT株式会社様(以下、スカパーJSAT)に、4K映像の撮影・制作・送出までのトータルシステムを一括納品いたします。

 4K・8K・スマートテレビなどの高度な放送サービス実現に向け、2013年5月、多様な業種の企業が集結した一般社団法人「次世代放送推進フォーラム” NexTV-F”」が発足しました。今回の4K放送設備は、次世代放送推進フォーラムにおけるテストベッド事業の委託を受けたスカパーJSATが、江東区にあるスカパー東京メディアセンターに構築しているもので、ソニービジネスソリューションの4Kソリューション提案が採用されました。

 ソニービジネスソリューションが構築するシステムは、主に4Kプレイアウト(送出)システム、4Kプロダクション(制作)システム、および4Kライブシステムから構成されています。現在のHD放送での運用形態を最大限踏襲しつつ、XAVCフォーマットのファイルベースオペレーションによる効率的なシステム運用の提案により、お客さまの負担を最低限に抑えるワークフローを実現しました。ソニービジネスソリューションは映像コーデックの選択、アーカイブやビデオサーバーのパフォーマンスとネットワーク環境のバランスなど、お客さまとともに検討を重ね、4Kという新たな映像表現を可能とするためのシステム構築を進めてまいりました。本システムは、3月末に構築を終了し、次世代放送推進フォーラムにより2014年度に予定されている4K試験放送の実現へ向けて稼働開始される予定です。

 4K試験放送を皮切りに、4Kの商品/サービス開発を検討する企業様やメーカー様が急増することが期待されます。ソニービジネスソリューションは、スカパーJSAT向けの4Kシステム提供を通して確立した、4Kカメラ、4Kモニターに加えて、新開発マルチポートAVストレージユニット(XAVCサーバー)「PWS-4400」など、最先端の4K映像技術およびシステムをご提供し、放送局のみならず、企業/学校なども含め、4K開発をお考えのお客さまにも、ソリューションを展開してまいります。

システム概要

1. 4Kプレイアウト(送出)システム

  • マルチポートAVストレージユニット(XAVCサーバー):PWS-4400 8式 (ソニー製)
  • 30型業務用4K液晶モニター:PVM-X300 6式 (ソニー製)
  • SRMASTERストレージユニット:SR-R1000 1式 (ソニー製)
  • APC (Automatic Program Control) ソフトウェア (ソニービジネスソリューション製)
  • 3G ルーティングスイッチャー:3式 (他社製)
  • インジェスト端末:3式 (他社製)
  • アーカイブサーバー 1PB (他社製)

2. 4Kプロダクション(制作)システム

  • 30型業務用4K液晶モニター:PVM-X300 3式 (ソニー製)
  • ノンリニア編集機:3式 (他社製

3. 4Kライブシステム

  • CineAlta 4K カメラ:PMW-F55 5式 (ソニー製)
  • カメラシステムアダプター:CA-4000 5式 (ソニー製)
  • ベースバンドプロセッサーユニット:BPU-4000 5式 (ソニー製)
  • 30型業務用4K液晶モニター:PVM-X300 5式 (ソニー製)
  • マルチポートAVストレージユニット(XAVCサーバー):PWS-4400 2式 (ソニー製)
  • SRMASTERストレージユニット:SR-R1000 2式 (ソニー製)

納品システム概要

スカパー東京メディアセンター内4K映像送出システム

お客様からのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品相談窓口

TEL:
0120-788-333 (フリーダイヤル)
050-3754-9550(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および年末年始は除く)

ソニー製品情報URL http://www.sony.jp/professional/

メニューを閉じる