1. ホーム>
  2. お知らせ>
  3. 2019年5月13日

東京・京橋の新ホテル「an/other TOKYO」に、ソニーが提案するデザインコンセプト
「Hidden Senses(隠された感覚)」を取り入れたデジタルサイネージを納入

2019年5月13日

 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下、ソニービジネスソリューション)は、ソニー株式会社(以下、ソニー) クリエイティブセンターと共同で、株式会社ジャービス(本社:東京都港区、代表取締役:安藤健志)が東京都中央区にオープンする新ホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」に、ソニーが提案するデザインコンセプト「Hidden Senses(隠された感覚)」を取り入れたデジタルサイネージを納入しました。


<納入イメージ>

 「Hidden Senses」は、2018年にソニー クリエイティブセンターが発表したデザインコンセプトで、生活空間に溶け込み、人に寄り添うテクノロジーのあり方を提案する試みです。手を触れたり、歩いたりといった何気ない日常の動きに呼応して音や光、触感などのさまざまなフィードバックを生じさせることで、感性に働きかける体験を提供します。
 本コンセプトは国際的な評価も高く、世界最大規模のデザイン見本市「ミラノサローネ/ミラノ・デザインウィーク2018」において「Best Playfulness2018」を、インテリアおよび空間デザインに関する国際賞「FRAME AWARDS 2019」において「Best Use of Digital Technology」を受賞しています。

 今回、「Hidden Senses」は2階レセプションエリアのデジタルサイネージに採用されました。レセプション奥に設置されたサイネージは、インフォメーションボードとしてその場に溶け込むとともに、設置されたサイコロ状のオブジェの向きを変更することで、宿泊客のニーズに応じた施設内情報や風景などに変化するといったインタラクティブ体験を提供します。「Hidden Senses」を取り入れることで、レセプションを単なる手続きの場としてではなく、日常から非日常への入り口として演出することを目指しました。

 「Hidden Senses」は、さまざまなハードウエアにそのコンセプトを落とし込むことが可能です。ソニービジネスソリューションは今後もソニー クリエイティブセンターと共同で、「Hidden Senses」の新たな活用シーンの提案を進めていきます。

○「an/other TOKYO」

  「an/other TOKYO」外観

 

「an/other TOKYO」外観

<「an/other TOKYO」外観>

○「Hidden Senses」について

 ソニーらしいストーリーを持ったプロダクトや空間を通して、人や生活に寄り添う新たなテクノロジーの在り方の提案です。ソニーデザインは、未来へ向けてより豊かなライフスタイルを提案する「Perceptual Experience Project」という、デザイン開発活動を進めています。デザインと技術との融合によってもたらされる新たな体験を提案し、そのフィードバックに基づいて、更に開発を進める新たな挑戦であり、「Hidden Senses」はこのプロジェクトの一環です。

■関連リンク:
HIDDEN SENSES 日常に隠れた感覚を呼び覚ます体験 Sony Design Exhibition at Milan Design Week
https://www.sony.co.jp/brand/stories/ja/our/products_services/hiddensenses/

お客さまからのお問い合わせ先

ソニービジネスソリューション(株) 業務用商品購入相談窓口

TEL:0120-580-730 (フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

ソニービジネスソリューション株式会社  http://www.sonybsc.com/

ソニー製品情報 URL https://www.sony.jp/professional/

メニューを閉じる