1. ホーム>
  2. PRO CHANNEL>
  3. ソニーの仮想空間「Warp Square」で、5G映像の臨場感と没入感を体験

ソニーの仮想空間「Warp Square」で、5G映像の臨場感と没入感を体験 NEW

お客さま

    5Gによる圧倒的な映像体験が、デモバスで全国を駆け巡る

    2020年の商用サービス開始を目前に、いま話題になっている次世代のモバイル通信「5G」。高速・大容量、低遅延、多数端末接続という特徴を有する5G通信をアピールするために、NTTドコモ様がデモンストレーション用の大型車両「5Gデモバス」を製作しました。ソニービジネスソリューションは、このデモバスのコンセプトである「5G体験」を可能にする映像システム「Warp Square(ワープスクエア)」を手がけています。2018年4月の本格稼働開始から、全国各地のイベントなどで5G映像のデモンストレーションを実施。体験した多くの方から、驚きと感動の声をいただいています。

    「Warp Square」は、超短焦点プロジェクターの映像を壁面に投影することで、部屋そのものを仮想空間にするソニーの映像システム。このシステムを使って、5Gにより伝送可能となる大容量の高精細映像を、デモバス内に設置した3面のスクリーンに投影。継ぎ目のない高画質映像に囲まれることで、あたかもそこにいるかのような体験ができます。デモバス内の限られたスペースで、どのようにして圧倒的な映像体験を可能にしたのか?その秘訣とソニービジネスソリューションの取り組みをご紹介します。

    ※5G:第5世代移動通信方式

    3面のスクリーンが設置された、デモバス内の体験空間

    継ぎ目のない高画質映像に囲まれることで、臨場感と没入感が体験できる

    技術担当者のひらめきから生まれた、デモバス内での5G映像体験

    5G伝送の特長である高速・大容量、低遅延、多数端末接続を、デモバスを使ってアピールしたいというNTTドコモ様のご要望に対し、ソニービジネスソリューションが「Warp Square」をご提案したのは、「デモバスのせまい車内空間に、Warp Square のコンセプトがはまるかもしれない!」という技術担当者のひらめきからでした。限られた空間でも圧倒的な映像体験ができる「Warp Square」の映像ソリューションに、NTTドコモ様も興味津々。すぐにご提案を受け入れてくださり、実現化に向けたチャレンジがスタートしました。

    これまでソニービジネスソリューションは、中継車の製作実績はありますが、一般のお客さまが車内で視聴するAVソリューションをご提案するのは初の試み。映像を投影するスクリーンは車内の居住空間を得るために、薄型のマグネット式を導入しました。わずか数ミリの薄いスクリーンを、デモバスの鉄製の壁に直接貼り付けることで、シートに座ってゆったりと映像を鑑賞できる広さを確保しています。また、外光や隣のスクリーンからの映り込みが少なく、映像を高コントラストに表示できるプリズムスクリーンを採用し、実際に目で見ているような臨場感豊かな映像が楽しめるようにしました。デモバスに搭載されているシステム用発電機や走行時の振動が、映像視聴にどれくらい影響を及ぼすのかも未知数でした。そこで、振動測定の専門会社に測定を依頼し、そのデータをもとに振動を吸収する素材や架台を導入。振動で映像がぶれることなく、また視聴するお客さまも振動を気にせず楽しめるように工夫を施しています。

    『ニコニコ超会議2018』では、迫力の映像体験に高評価

    また今回は、5Gを使って映像伝送するためのエンコード/デコードシステムもソニービジネスソリューションが構築しています。複数台の4Kカメラで撮影した映像をソフトウェアでつなぎ合わせ、デモバスへ送信。デモバスでは、4台のプロジェクターで投影するために受信した映像を調整。撮影から投影までのプロセスを一貫して行うことで、継ぎ目のない映像を実現しています。このシステムを使えば、遠く離れた場所に瞬間移動したり、実際には行くことができない場所に行くといった疑似体験も可能になります。

    完成したデモバスは、2018年4月末に幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2018』に出展。5Gによる映像伝送技術を多くの方にお披露目する舞台となりました。5G映像を体験されたプロダクションの方からは「フィールドのラインがくっきり見えて、本物のラグビー場を見ているようですね」との高評価をいただきました。また、光学迷彩技術を使い、デモバスの外に設置したカメラからの映像をデモバス内に投影するデモンストレーションも実施。まるでデモバスの壁面が消えてしまったような驚きの体験に、ご覧になったお客さまは「絶景スポットでもう一度体感してみたい」とおっしゃっていました。

    今後ますます需要が見込まれる、5G伝送技術を使った映像ソリューション。「Warp Square」はこれからも、次世代の映像体験をさまざまなシーンで提供していきます。

    初めて車内のせまい空間で、4K画質の4面投射映像を見たときは、あまりの没入感に我ながら本当に感動したことを今でも覚えています。今回、5G伝送技術に初めてチャレンジすることができ、良い結果を残せたことに満足しています。今回のケースをきっかけに、5Gを使った映像伝送ソリューションのご依頼が増えることを期待しています。

    ソニービジネスソリューション株式会社 杉浦(技術担当)

    ソファーに座って映像と音声に囲まれるリッチな環境に加え、至近距離で高画質映像を鑑賞することは感動的でした。バスをプロモーションで使用するというNTTドコモ様のセンスは、さすがです。いま話題の5G伝送技術に携わることができ、とても楽しかったです。今回、4K画質で4画面投射映像システムを構築したことで、Crystal LEDディスプレイシステムなどの大画面を使った映像制作のノウハウが蓄積できたと感じています。今後も、技術者として貪欲にチャレンジしていきたいです。

    ソニービジスソリューション株式会社 安達(技術担当)

    お客さまであるNTTドコモ様に加え、架装メーカー、ソフトウエアベンダーなど5社以上の企業と関わりながら仕事を進めました。営業担当としての意見を持ちつつ、お客さまのご要望をお聞きし、パートナー企業の回答をお伝えして、双方納得していただきながら仕事を進めることは、入社1年目の私にとっては、大きなチャレンジでした。皆さまのご協力に感謝しています。

    ソニービジネスソリューション株式会社 宮内(営業担当)

      製品・ソリューションに関するお問い合わせ
      一覧へ戻る

      キーワード検索

      お客さま 挑戦 イベント 社風 テクノロジー

      最新記事 

      ソニーの仮想空間「Warp Square」で、5G映像の臨場感と没入感を体験

      5Gによる圧倒的な映像体験が、デモバスで全国を駆け巡る

      ソニーの仮想空間「Warp Square」で、5G映像の臨場感と没入感を体験

      PRO CHANNELとは?

      ~ソニービジネスソリューションの人と技術がみえる~

      PRO CHANNELとは?
      メニューを閉じる