1. ホーム>
  2. PRO CHANNEL>
  3. 「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート

「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート NEW

社風

    日頃の感謝を込めて、社員の家族をおもてなし

    ソニーでは毎年夏に、社員の家族を職場へ招待する「Sony Family Day」を開催しています。今年は、8月23日に本社圏で行われました。このファミリーデーは、家族に職場を知ってもらうことに加え、社員と家族の交流にも大いに役立っています。今年、本社圏では、50以上のイベントが企画され、多くの社員とその家族が参加しました。ソニーのIoTブロック「MESH」を使ったワークショップ、茶道体験や音楽イベントなど、子どもから大人まで参加できるさまざまなイベントは学びの機会としても活用されています。

    このファミリーデーと連動して、ソニービジネスソリューションでは、「ソニービジネスソリューション家族祭」と題した手作りのおもてなしイベント行いました。このイベントは、「日頃の感謝の気持ちを込めて、ご家族の皆さんと交流したい」という社長の希望で始まったもの。当時は、職場の一角にお菓子やお茶を準備し、社長自らがホストとなって社員とその家族をおもてなししました。子どもたちが社長と一緒に記念撮影したり、ソニーのデジタルペーパーを使って社長と一緒にお絵かきをするなど、いつもとは違う雰囲気の職場にはたくさんの笑顔と笑い声が溢れました。それが大変好評だったため、翌年からはオフィスの会議室を開放しイベントの規模を拡大。新入社員や有志社員が中心となってイベントを企画し会社全体で取り組むことになりました。今では、多くの社員とその家族が参加する夏の恒例イベントになっています。

    ソニー本社ビルで行われた、ファミリーデーイベントの様子:大人気ユニットFoorin(フーリン)と伝統あるソニー吹奏楽団がスペシャルコラボ!

    多くの家族で賑わう「ソニービジネスソリューション家族祭」

    今の「ソニービジネスソリューション家族祭」のきっかけとなったイベントの様子

    当時は、職場の一角で社長自ら家族をおもてなし

    昨年よりも楽しく!さまざまなイベントを企画して実施

    今年のおもてなしイベントのテーマは「夏祭り」。新入社員と有志の社員たちは会議室をバルーンなどで飾るとともに、子どもたちが楽しめる「万華鏡のデコレーション」や「輪投げ大会」を企画。さらに、自分たちの仕事をもっと知ってもらうために業務用ビデオカメラなどを使った「カメラマン体験」や「クロマキー技術体験」のコーナーも用意し、昨年とはひと味違うイベントを目指しました。
    イベント当日は、法被を着た社長と役員のお出迎えからスタート。「万華鏡のデコレーション」、「輪投げ大会」は、たくさんの子どもたちが夢中で遊んでくれて大盛り上がり。業務用ビデオカメラを肩に担いで撮影体験できる「カメラマン体験」では、子どもたちが緊張しながらも「かっこいい!」と大興奮。さらに、テレビ番組の制作でよく使う、グリーンバックで撮影した映像に別の背景映像を合成する「クロマキー技術体験」では、天気予報やニュース番組を再現。たくさんの子どもたちがテレビ画面に映る気象予報士やキャスターになりきった自分の姿に目を輝かせていました。こうして今年も、おもてなしイベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

    「万華鏡をデコレーション」では、色とりどりの折り紙で自分だけの万華鏡を制作!

    業務用ビデオカメラなどの放送機材を使用した「クロマキー技術体験」コーナー

    業務用ビデオカメラを担いで気分はカメラマン!

    クロマキー技術を使って天気予報の番組を再現!

    おもてなしイベントに参加した社員の森崎とその家族

    おもてなしイベントに参加した社員の阿南とその家族

    ファミリーデーイベントに参加した社員の感想

    このイベントは、子どもたちの成長につながる絶好の機会

    イベントに参加した息子たちはとても楽しかったようで、次の日に「来年は?」、「なんで年に一回しかないの?」と質問攻めに合い、一週間経っても「今日はあのお兄さんは来てた?」と聞かれるほどでした。意外にも子どもたちが、親と一緒に仕事をしている人に興味を持っていることがわかり、私自身、新しい発見でした。息子たちのエネルギー溢れるファイトに付き合ってくれた社員の皆さんには、負担をかけたかと思いますが、ありがとうございました。いろいろな社員の方と触れ合い、子どもの成長につながるよい機会になりました。今後もこのイベントを一緒に盛り上げていきたいと思います。

    ソニービジネスソリューション株式会社 森崎(技術部門)

    家族と職場を結ぶことの大切さを実感

    夏休みを持て余し気味な子どもたちにとって、親の職場に行くということは、とても楽しみなイベントの一つになっているようです。今回もイベント会場となっている会議室に一目散に向かって、輪投げや万華鏡づくりに進んで参加し、楽しんでいました。日頃、家族や子どもと接する時間が限られている社員が多くいると思います。このイベントを通じて、家族に自分の職場を知ってもらい、また職場の方にも自分の家族を紹介することができるのは、とてもよい取り組みだと思っています。

    ソニービジネスソリューション株式会社 阿南(営業部門)

    社長の一言から始まった、ソニービジネスソリューションのおもてなしイベント。新入社員や有志社員は、家族に日頃の感謝を伝えたいという一心で、忙しい業務の合間を縫って準備をしてきました。終了後は、参加した社員とその家族の皆さんから多くの感想をいただきました。「たくさんの社員におもてなししてもらい、うれしかったです!」、「来年もまた来たいです!」など、イベントを楽しんでもらえたようで一安心。
    来年もまた多くの家族に来てもらえるように、社員が一丸となって、記憶に残るような楽しいイベントを企画します!
      製品・ソリューションに関するお問い合わせ
      一覧へ戻る

      キーワード検索

      お客さま 挑戦 イベント 社風 テクノロジー

      最新記事 

      人が集まり、共感できる「場」を創造する

      新しい体験の場をつくる「ロケーションバリュープランニング」

      人が集まり、共感できる「場」を創造する

      「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート

      日頃の感謝を込めて、社員の家族をおもてなし

      「Sony Family Day 2019」おもてなしイベント レポート

      小学校のプログラミング教育で、子どもたちの創造性を育む

      ソニーの“ものづくり”への想いがつまったIoTブロック「MESH」

      小学校のプログラミング教育で、子どもたちの創造性を育む
      メニューを閉じる